まずはルールに従う

お店によって多少違う部分はあるようですが、ガールズバーには基本的なルールが存在しています。
まずはそれを知っておいてください。

接待行為禁止

フロントページにも書かせてもらいましたが、ガールズバーは風俗店ではないので接待行為を認められていません。
これは法律で禁止されているのです。
 
主な接待行為は体の接触、横に座る、お酌をする等です。
なのでガールズバーでは、女性が横に座ることは一切ないです。
そのような接待行為を期待して行くと、お店側も迷惑ですし、自分もがっかりしてしまうでしょう。

指名禁止

キャバクラのように、女性を指名することも禁止されています。
一人のお客さんに女性がずっと付いている、というのも接待行為になってしまうので、ガールズバーでは女性が代わる代わる相手をしてくれます。
それが基本です。
 
なので指名も出来ませんし、呼びとめることもしてはいけません。

口説くの禁止

ガールズズバーでは、あくまでお客と店員という関係です。
仕事中の店員を口説くなんてことは常識的に許されません。
 
 

ルールが分かった上で

ガールズバーのルールが分かった上で、どのように振る舞えば良いのか注意点があります。

しつこく話しかけない

口説くの禁止や、指名禁止に似ていますが、これは本人に自覚が無い場合も多いです。
働いている女性はあなただけを相手にしている訳ではありませんので、口説いていなかったとしてもしくこく話しかけることは止めましょう。
 
あくまでここはバーです。
女性と話をするのが第一の目的ではありません。

服装を気にする

ガチガチのフォーマルで行く必要はありませんが、汚れた服装やだらしない格好で行くのは止めましょう。
そんなお客さんが一人でもいると、そのお店の雰囲気は悪くなってしまうのです。
 
かといって、高い服装で行く必要もありません。
清潔感があって、相手が不快にならなければ、カジュアルな服装でも大丈夫です。

奢るのをためらわない

女性に飲み物を奢ると言うのが、ガールズバーのマナーです。
女性が「飲んでも良いですか?」と聞いてきたら気持ち良く奢ってあげましょう。
また、先述した通り女性は何回か交代があります。出来るならその都度奢ってあげるのが好ましいです。
 
しかし、懐事情があまり良くないのであれば、正直に言いましょう。
最初から断るのはスマートではありませんが、何杯か奢った後お金がきつくなってくれば断るのも致し方ありません。
そんな時は、「次きた時、真っ先に貴方に奢るから」と一言言えば女性も悪い気はしないでしょう。